青汁の効果

青汁に含まれるレモンとは?

青汁に含まれるレモンとは?

 

 

レモンが入った青汁は、一言で言うとサッパリした味になります。
野菜不足は常に思っているものの、青汁はやっぱり苦そう。や、以前は青汁を飲んでいたものの、おいしくなくて続けることができなかったりと、そういった方には、
飲みやすいのではないでしょうか。
青汁独特の青臭いのが消え、爽やかなレモンの香りがとても飲みやすくしてくれます。
青汁に使われるケールは「野菜の王様」とも呼ばれるほど、緑黄色野菜の中でも優れた栄養価を持っていますが、
クセが強くて食用に使われることが少ない野菜です。
豊富な栄養素をバランスよく補給することができ、健康食品としては最適なのですが、やはり続けて飲むことが出来なければ意味がありません。
レモンにはビタミンCが豊富に含まれていますので、抗酸化作用により、老化の進行を抑えたり、コラーゲンの生成を促す効果があります。
ビタミンCが欠乏すると、コラーゲンも欠乏してしまうため、美肌にはビタミンCがとても重要ですので、ビタミンCを摂りいれることで、
肌の瑞々しさを保ち、ハリを与える効果があります。
美白効果もあります。
メラミンの生成を抑え、色素沈着を防ぎ、しみやそばかすに効果があります。レモンに含まれるクエン酸は、疲労物質の乳酸を分解し、
代謝の促進に効果がある他、カルシウムの吸収促進を促し、骨粗鬆症予防の効果、ポリフェノールは、血液サラサラにする効果や、動脈硬化の予防をお手伝いします。

 

レモンは成人病の予防やアンチエイジング効果の強い味方!