青汁の効果

青汁に含まれるゴーヤーとは?

青汁に含まれるゴーヤーとは?

 

 

青汁にゴーヤが含まれているものもありますが、青汁にゴーヤというと、苦いものに苦いものというダブルで苦くて飲みにくいイメージがありますよね。
イメージを打ち消すように各メーカーや各会社の工夫によって黒糖やハチミツ、抹茶の味などで、飲みやすくしています。

 

ゴーヤ味の青汁は意外と苦みがなくて飲みやすいです。

 

ゴーヤは古くから中国では薬として用いられており、日本では沖縄ではゴーヤチャンプルなど有名でよく食べられていましたが、最近では健康野菜として身近な野菜になっています。
ゴーヤは、非常に多くの栄養成分が含まれています。

 

ビタミンCは加熱処理すると失われてしまうのですが、ゴーヤのビタミンCは加熱処理してもほとんど失われません。
逆に、ゴーヤのβ-カロテンは、油で炒める事によって吸収率を大幅にアップさせてくれます。
カロチンやビタミンB1やカリウム、マグネシウム、鉄分、リン、食物繊維を多く含みます。

 

ゴーヤの効能は、健康面においては、ゴーヤーの苦み成分であるククルビタシンにも強力な抗酸化作用がありますので、がん細胞の増殖を制御し、がんの発症を防ぎます。
美容面では、シミやそばかすの原因となるメラニン色素を生成するチロシンの発生を阻害して美白の肌にしてくれる効果があります。
血糖値を下げる効果もありますので糖尿病の人や高血圧の方にオススメの野菜です。
ゴーヤーの青汁は、飲みやすい味に改良されているため、ゴーヤが苦手な方は、ゴーヤーそのものを食べるより、ゴーヤーの青汁を飲む方が無理なく続けられると思います。

 

青汁とゴーヤのコンビネーションで栄養素アップ!