青汁の効果

青汁に含まれるケールとは?

青汁に含まれるケールとは?

 

青汁に使われる代表的なケールですが、ケールとは、アブラナ科アブラナ属の植物で、南ヨーロッパの地中海地方が原産地です。
ケールはキャベツやブロッコリーの原種で、主に青汁の原材料として広く使われている緑黄色野菜です。
今では大分県や宮崎県、福岡県、愛知県、長野県など日本各地で栽培されていますが、普段スーパーなどでは見ることはなく青汁として作られてから市販されることが多いです。
ケールは、他の緑黄色野菜と比較して非常に栄養価が高く野菜不足を解消するのに適していることや、生命力が強く年中栽培できるメリットなどが大きな理由です。
ケールの効果は生活習慣病の予防、血糖値抑制効果、アレルギー改善が主に役立たせます。
ケールの栄養素はβカロチンやビタミンC、食物繊維、葉酸、鉄、葉緑素などとさまざまな成分が豊富に含まれています。
グルコシノレートというものも含まれていますが、グルコシノレートはガン予防効果がある酵素を
活性化する元になります。
ケールは、他の緑黄色野菜の何倍も栄養素を持っていることから、野菜の王様と呼ばれています。その栄養素を活かして、普段の野菜不足を凝縮して青汁として摂りいれることにより、
バツグンのさまざまな効果に働きかけるのです。

 

100%ケールの青汁などはこれだけの栄養分をしっかり取ることができるので、ケールにこだわって青汁を作って、そこにこだわって購入する人が多いのです。