青汁の効果

青汁 血液サラサラで血栓予防

青汁 血液サラサラで血栓予防

 

 

血栓症とは、とても怖い病気に発展してしまう恐れがあります。
血液中に血栓ができて血液を流れるのを防いでしまう病気です。
何らかの原因で血液が固まって血液の壁面に付着している血栓が正常な血液であるのなら血栓は傷ついた部分の止血の働きをし、働きが終了すれば自然に消えていくのですが・・・
この血栓が消えずに血液中に残ったままの状態を血栓症と言います。
生活習慣や食生活の乱れ、ストレス、睡眠不足などによって血液がドロドロになると血液中に残ります。
血栓症は動脈硬化や高血圧を引き起こして、心筋梗塞や脳梗塞、狭心症などの重い病気の原因になります。
このような恐ろしい病気にならないようにするためには、食生活を見直し、生活習慣を改善していかないといけません。
青汁には、イソチオシアネートという成分が含まれていて、イソチオシアネートという成分が血栓が溶かす力を助け、血液をサラサラにする効果があります。
この成分イソチオシアネートは野菜を切ったりすり潰すなどしてミロシナーゼという酵素と触れ合い反応させると生成されます。
青汁は製造段階で野菜をすり潰しているのでイソチオシアネートの成分をしっかりと引き出しているのです。大量の野菜を
食べることはなかなか難しいですが、青汁なら1日コップ1杯を飲むだけで血栓症を予防するイソチオシアネートを含んだ野菜をたっぷり採れます。

 

ドロドロになってしまった血液が原因で起こる血栓症は、青汁で血液をサラサラにすれば予防ができます。