青汁の効果

青汁 アルツハイマー病を予防

青汁 アルツハイマー病を予防 

 

 

アルツハイマー病は高齢になるほど発症リスクが高まるといわれ、誰もが発症する可能性がある恐ろしい病気です。
65才以上の10人に1人は発症すると言われ、高齢者がかかってしまう可能性が高い病気です。
しかし、最近はアルツハイマー病の若年化も進んでおり、 日本でも18歳〜64歳で約10万人ほどいるとされているので必ず高齢者がかかるという病気ではなくなってきているのです。
人や物の名前を忘れる、徘徊を始める、家族など身近な人物についても分からなくなる、寝たきりになるといった症状。
徐々に軽度の症状から重度の症状へ経過していきます。アルツハイマー病は脳の神経細胞が変性、消滅していく病気で記憶している脳自体が
ダメージを負ってしまう病気なのです。
健康効果のある青汁はアルツハイマー病予防にも効果的みたいです。
青汁には多くの栄養素が含まれていますが、その中で水溶性ビタミンの葉酸という成分がありますが、この葉酸がアルツハイマーに効果的だというのです。
実験によって葉酸の摂取とアルツハイマー症の発症リスク回避には大きな関係性があることがわかっています。
韓国の研究チームによると、葉酸が不足すると認知症の発症リスクが3倍になるという研究結果が発表されています。

 

青汁を常に飲むことで確実に葉酸を摂取でき、認知症やアルツハイマー病、脳の老化を予防することができます。

 

恐い病気になってしまわないためにも青汁を毎日飲んでおきたいですね。