青汁の効果

コレステロール値を下げる

コレステロール値を下げる

 

 

コレステロールが高い!コレステロールを下げましょう!とよく耳にする言葉ですが、問題にされている悪玉コレステロールは、多量にあると引っ付いて固まり、石のように固まったものをコレステロール結石と呼びます。
最悪の場合、血管でせき止められるように、血液の流れが滞ります。
結果、高血圧や血栓をはじめとする様々な疾患を引き起こしてしまいます。
コレステロールには問題視されている悪玉コレステロールもありますが、善玉コレステロールもあります。
コレステロールですが、実は人間が生命を維持していくために必須なものです。
身体がうまく機能するのには必要なコレステロールですが、現代の食生活やライフスタイルでは、どうしても過剰になってしまいます。
青汁には、この悪玉コレステロールを減少させる作用があるのではないか、ということで注目を集めているのです。
青汁の成分の中には、抗酸化成分と呼ばれるものが多数含まれており、抗酸化成分は、活性酸素の働きを抑制する働きがあります。
青汁を飲むと、活性酸素の働きを抑えることができ、動脈硬化の進行を阻止することができるのです。
野菜や果物に多く含まれている水溶性食物繊維や、青菜に含まれているクロロフィルなども、コレステロールを下げる働きがあります。
総合すると、コレステロール値を下げるためにはやはり野菜摂取が不可欠ということですね。
食物繊維も豊富で青汁を飲むことで、吸収も早く、手軽に摂取できる青汁でコレステロール値を下げるのを助けましょう。