青汁の効果

青汁の遠赤外線

 

青汁の遠赤外線とは? 

 

 

遠赤外線の青汁とは、一般には遠赤青汁と呼ばれていて、 何が遠赤外線なのかといいますと、青汁を製造する時に遠赤外線を使用して青汁の材料を加工する手法のことです。
遠赤外線を使うことで、青汁の原料の栄養成分、風味などを失うことなく粒状に加工できるのです。
目には見えない波長を持ち、 安全かつ有効な電磁波で、有機体に吸収させます。
太陽からも遠赤外線が降り注がれています。遠赤外線を利用して製造される遠赤外線青汁には、どのような青汁の効能が期待できるのでしょうか?
遠赤外線を利用して青汁の原料になる緑黄色野菜の葉を乾燥させると各栄養成分の含有量が大幅に増量し、食材の組織を破壊せず、乾燥させることが出来るため、
熱に弱い栄養素もそのまま残せます。
水溶性ビタミンであるビタミンB1やビタミンCを残すことができるのです。
味がまろやかになりますので、青汁が苦手な方も利用しやすくなりますね。
例えて言うなら、魚やしいたけなどを天日干しすると旨味や栄養価などがアップします。
太陽から降り注ぐ遠赤外線を吸収するから起こる現象で、 これと同じ原理を考えて作られているのが、遠赤外線青汁だと言っていいでしょう。
無駄なく素材の全部の栄養素を得ることが可能になることから、今後は遠赤外線を用いた製造方法がどんどん広まっていくのではないでしょうか。
ケールや大麦若葉のメイン材料の栄養を余すことなく体内にも摂取出来るということです。