青汁の効果

青汁に含まれる緑茶とは?

青汁に含まれる緑茶とは?

 

 

緑茶はケールなどの代表的な青汁に緑茶を配合させているケースが多いのですが、緑茶は栄養価を高めてより一層健康に良い効果を生み出すためと青汁の風味を向上させ、
より飲みやすくするために青汁にブレンドされているのです。
カテキンという成分は強い殺菌作用があり、ポリフェノールの一種であるフラボノイドの仲間で、血中コレステロールを低下させ動脈硬化の予防や、
活性酸素を除去する抗酸化作用、高血圧や糖尿病の予防出来ます。
悪玉菌減少や悪玉コレステロールの酸化防止や予防などにも効果があり、肝臓で脂肪を燃焼しやすくする働きで、体脂肪の蓄積や、内臓脂肪の増加を抑制すると共に、
食事中にカテキンを摂取することによって、脂肪や糖分の吸収を抑制します。
抗酸化作用で、老化を抑えたり血中コレステロールを低下させたりしてくれます。

 

また、高血圧予防やがん予防などの効果もあります。緑茶にはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどの
ビタミン類やフラボノイド、食物繊維などが含まれています。

 

緑茶は、体の免疫力を向上し、菌類やウイルスに負けない体作りをサポートします。
普段から緑茶を摂取することは簡単ですが、特に野菜不足の方は、緑茶を使った青汁と緑黄色野菜を混ぜただけで、味も大変飲みやすいですので小さなお子様や、
青汁初心者の方にも、全く無理がなく続けられますので、お勧めします。

 

普段の食生活に取り入れるのもいいのではないでしょうか。