青汁の効果

青汁に含まれる明日葉とは?

 

青汁に含まれる明日葉とは?

 

 

青汁でよく聞く原料で、明日葉=あしたばは、葉を摘みとっても、明日には新しい芽を出すといわれるほど生命力あふれる明日葉は、豊富な栄養素を含んだ緑黄色野菜です。
その生命力の強さから『明日葉』と名前がつけられたそうです。
原産地の伊豆諸島の八丈島では、古くから健康食の代名詞として島の人々に食べられてきました。
気候も暖温帯となっていて一年を通しても過ごしやすい環境となっているようです。
そのような自然豊かな八丈島だからこそ葉も茎までも柔らかく最高級品の明日葉が多く生産されているのです。
明日葉の栄養価がケールよりも遥かに高いのです。
カロチン、カリウム、ビタミンE、食物繊維と野菜の王様であるケールの2倍以上含んでいるものもあります。
明日葉は、血行促進や抗菌作用を持つとされるカルコンやクマリンの成分は、明日葉の貴重な根の部分に多く含まれているため、明日葉の根や茎まで使用されている青汁は栄養価がとても高いのです。
クマリンは抗菌作用も持つとされます。
緑茶に含まれるカテキンや大豆のイソフラボンと同じ、ポリフェノール系の成分で、植物由来栄養素が多く含んでいるのです。
明日葉は様々な栄養を摂ることが出来るうえ、腸を綺麗にしてくれます。
そして、糖の吸収を抑えてくれるのでダイエットの手助けもしてくれ、セルライトやむくみの解消に効果があるので、近頃は、メタボリック症候群などの生活習慣病予防や対策で努めて摂取しようとする方も増えているようです。
明日葉の力で健康になることは間違いなしです。