青汁の効果

青汁に含まれる豆乳とは?

青汁に含まれる豆乳とは?

 

 

豆乳は別名「畑の肉」と呼ばれるほど上質なたんぱく質や大豆イソフラボンを含む非常に栄養価の高いものなのです。
青汁と豆乳の組み合わせの豆乳青汁は、かなり栄養効果がありそうな気がしますよね。
豆乳は口当たりがよくて、ドリンクとして販売もされています。
豆乳の滑らかさが青汁特有の臭いや苦味を消してくれます。
青臭さがなくなりとても飲みやすくなります。
豆乳にはたくさんの栄養素が含まれていて、その中でも特に大豆イソフラボンは健康成分として有名です。
健康によい成分ですが、生理循環のコントロール、女性の新陳代謝の活発化、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌の調整をし、子宮がんや乳がんの予防効果がありますので、
特に女性に優しい成分であることが研究によって報告されています。
また、骨粗鬆症予防や、更年期障害、バストアップなどに非常に効果的があります。
豆乳には、高品質の大豆タンパク質やレシチンなどの成分が含まれています。
鉄分の量も多く、なんと、牛乳の10倍以上も配合されているのです。
豆乳青汁の多くにはオリゴ糖が入っていますのでビフィズス菌の効果を活性させ、腸内環境を健やかに保つことができます。
腸内環境が整う事により美肌効果も期待できます。
豆乳は以前から、なんとなくよく聞くのでメジャーすぎる食品ですが、俳優さんやや女優さんたちも、体の中も見た目的にも綺麗にすることを心がけ豆乳青汁を飲んでいる方が多いようです。