青汁の効果

青汁に含まれる大麦若葉とは?

青汁に含まれる大麦若葉とは?

 

 

青汁に使われている材料でケールに続き、人気があるのが大麦若葉です。ケールに比べ、味が飲みやすいので多くの方に親しまれています。
青汁が苦手な方や、まずいイメージで飲みにくいと思っている方は、大麦若葉の青汁を飲まれてはいかがでしょうか。
大麦若葉は、まるで、抹茶を飲んでいるかのような飲みやすさですから、青汁と聞いて驚かれる人も多いと思います。
大麦は栄養価に優れ、特に食物繊維は精白米の10倍以上の量を含んでいます。
大麦若葉は、ビタミンやカロチンを多く含んでいて、ビタミンB1は牛乳の約30倍、ビタミンB1とCは、それぞれほうれん草の約6.5倍、33倍も含まれています。
大麦若葉には、新陳代謝を良くする成分も含まれていますので、美容や健康に気を使われている方にはおすすめです。
メタボが気になる方や便秘がちな方や青汁初心者で美味しく青汁を飲みたい方に効果があります。
大麦若葉には、強力な抗酸化作用があるので血管の衰えによる動脈硬化の予防ができ、アンチエイジング効果を発揮します。
また、代謝機能が促進すると、脂肪が燃焼しやすくなるので、ダイエットにもとても効果的効果があります。
美容面においては、肌のターンオーバー機能が向上しますので、気になるシワやシミなどを改善してくれて、美肌を目指すことが出来るのです。
飲みやすさが利点の大麦若葉は青汁の独特な味を覆しますので、誰でもおいしく飲めるのが魅力なのです。