青汁の効果

青汁に含まれる青じそとは?

青汁に含まれる青じそとは?

 

 

青じそは緑黄色野菜に分類される野菜で、古来より滋養食として親しまれてきた食材であり、特に薬草として有名です。
青じそは、緑黄色野菜のうちでかなり栄養価が高い野菜です。料理では、香味野菜として使用されています。
老化を予防するβ-カロチンが多量に含まれいますし、鉄分・ミネラル・ビタミンB1、B2もたくさん含まれています。
動脈硬化やガン、心臓病、成人病といった現代病の防止、活性化酸素の発生も抑えてくれるので、
アンチエイジングや美肌作り、カリウム、食物繊維なども豊富なので、高血圧症やむくみ、貧血でお悩みの方にも効果があります。
青じそは、アレルギー悪化のもとになる物質の量を適したぐらいに抑制、調整する効果がありますのでアトピー、花粉症、喘息といった病状を緩和してくれることも可能です。
青じそを普段大量に食べることはないのですが、もしも、1日に必要なあるビタミン成分を摂取しようと思えば、青じそを66枚も食べなければいけないということになります。
それを毎日続けるなんてとても無理があります。
ですので、青じそが入った青汁を一杯飲むことで栄養を補給できるということです。
青じそはすっきりした匂いが特徴的ですが、しそ特有の香りはペリルアルデヒドという成分によります。
そのすっきりした匂いが青汁の臭みやクセを緩和してくれて、青汁を飲みやすいものにしてくれます。
自然な香りで体に優しくのどにすっと入っていく清らかさを青汁で実感。青じその青汁で栄養素を摂りいれてみてください。